【刑法】信書開封罪とは?人の手紙を勝手に開けたら犯罪です!

自分の家のポストに入っていた手紙を誰かが勝手にとって読んだらしく、玄関前に開いた封筒と中身が置いてあった…。
ストーカー?それとも関係の悪い隣人の嫌がらせ?
こんなことがあったら恐怖で眠れません。
しかし、手紙が盗られたわけではないし…警察は何かしてくれるでしょうか。

 

人の手紙を勝手に開けるのは信書開封罪という犯罪

 

大丈夫です。
人の手紙を勝手に開けること、これは「信書開封罪」として刑法第133条に定められており、れっきとした犯罪です。

 

(信書開封)
第百三十三条 正当な理由がないのに、封をしてある信書を開けた者は、一年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。

 

そもそも、人の手紙を勝手に取ろうとして玄関のポスト前まで来てしまっている時点で住居侵入罪(第130条)にも該当するはずですが、封をしてある信書を開けること自体もやはり犯罪なのです。
この点も併せて警察に相談しましょう。

 

被害者の告訴が必要

 

信書開封罪は告訴がなければ公訴を提起することができない(=検察官が犯罪として起訴できない)ことになっています(刑法第135条)。
このような犯罪のことを「親告罪」といいます。

告訴とは、①捜査機関に対して犯罪事実を申告し、②その訴追を求める意思表示をいうとされています(裁判所職員総合研修所監修『刑事訴訟法講義案』四訂版、2011年、司法協会、第172頁)。

 

告訴=①犯罪事実の申告+②訴追を求める意思表示

 

告訴は口頭でもすることが可能ですが、書面で行うのが一般的です。

告訴は被害届とよく似ていますが、①捜査機関に対する犯罪事実の申告だけでなく、②犯人を処罰してほしい旨の意思表示を含んでいる点で被害届とは異なります(田中開『刑事訴訟法』第3版、2008年、有斐閣、第52頁)。

告訴をすることができる人(=「告訴権者」)については明文はありませんが、発信者(手紙を出した人)も受信者(手紙を受け取る人)も「被害者」(刑事訴訟法第230条)として告訴ができると解されています(前田雅英他『条解刑法』第3版、2002年、弘文堂、第395頁)。

 

手紙を勝手に開けられたら告訴を検討しましょう

 

以上のように、手紙を勝手に開けられてしまった場合、手紙を出した人も手紙の宛先となっている人もどちらも警察や検察官に告訴をすることができます。

このような被害に遭われているならば、弁護士に相談し、告訴状を書いてもらうことをお勧めします。

弊所でもご相談を承りますので、お気軽にご連絡ください。

弁護士五十嵐将志の執筆した他の記事を読む

LINEビデオ法律相談をリリースしました
無料LINE法律相談を開始します

きびのくに法律事務所

0866-94-0707

友だち追加

LATEST POSTS

ベンチャーキャピタルファンドとは?〜②法律編-2(金商法)〜

2021.02.22

弁護士の五十嵐です。 前回の記事では、LPSの基礎と、その組成方法...

ベンチャーキャピタルファンドとは?〜②法律編-1(LPSの基・・・

2021.02.08

弁護士の五十嵐です。 前回に引き続いて、VCファンドについて取り扱...

ベンチャーキャピタルファンドとは?〜①基本編〜

2021.01.27

弁護士の五十嵐です。 スタートアップと切っても切れないのがベンチャ...

【連載②】離婚と子どもについて【離婚問題】

2021.01.22

皆さんこんにちは。弁護士の岩本です。 先日、離婚問題に関する連...